スポンサーサイト

2017.01.22 Sunday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています



    Mr.くろぱんだのブログ 平和と未来

    ブログ再開します!

    2015.03.24 Tuesday

    0
      みなさま、ごぶさたしておりました。

      長い休止期間を終えて、ブログ再開します。

      写真は、うちの庭に遊びに来る野良猫2匹。

      カップルでしょうか?

      2階から見ると、気配を察して振り向きます。

      目つきは鋭く、コワイ・・かな。

      でも、生きものが庭に来てくれるのは嬉しいです。

      庭に来る野良猫2匹


      Mr.くろぱんだのブログ 平和と未来

      幽霊か?

      2009.02.08 Sunday

      0
        夜にも奇妙な物語 〜現実版〜


        こういったニュースは風化しやすいけど、忘れずに結末を知りたいね。

        ***

        和歌山−徳島間を航行中のフェリーで、小、中学生ぐらいの少年がいなくなってから7日で1か月になる。

         今も和歌山、徳島両海上保安部は行方を捜しているが、身元の特定につながる手がかりもないままだ。海への転落や家族らの車で下船したことも考えられるが、両保安部は「どこに行ってしまったのか。とにかく無事でいてほしい」と情報提供を呼びかけている。

         1月7日午後9時35分の和歌山港発南海フェリー「フェリーつるぎ」に、少年が1人で乗り込む姿が監視カメラに映っていた。身長1メートル50〜55、黒いダウンジャケット姿で短髪。改札係の職員も少年を覚えており、小学校高学年か、中学生に見えたという。

         フェリーが約2時間後、徳島港に到着し、乗客から乗船券の半券を回収すると1枚足りず、カメラに下船する少年は映っていなかった。乗船していたのは車19台、乗客は計40人だった。

         両保安部は翌8日、海に落ちた可能性もあるとみて、巡視船など4隻やヘリコプター2機を出動させ、航路を捜索。徳島、和歌山両県警も「子どもが1人で乗船するのは不自然」として、各府県警を通して家出人捜索願を調べたが、該当者はなかった。

         少年の行方については、別々に乗った家族と船内で合流したのか、また、船内で誰かと知り合って車に乗せてもらって船外に出たとも考えられるという。

         しかし、当時、新聞やテレビでも報道されたが、これまで問い合わせはなく、「子どもがいなくなった」などの届け出も全くないという。

         南海フェリーの担当者や和歌山海上保安部は「少年に何があったのか、確認できるまでは心配だ。情報があれば知らせてほしい」としている。

         南海フェリーは和歌山−徳島間を結ぶ唯一の航路で、年間約48万人が利用している。

         少年についての情報は、同保安部管理課(073・402・5850)まで。

        (読売新聞)

        ***

        こうして伝説と噂が生まれる・・・





        続報・・・あっけない幕切れでした。(追加記事)


        和歌山−徳島間を航行していたフェリーで行方が分からなくなった少年が、別々に乗った家族と船内で合流し無事だったことが8日、わかった。

         家族は車でフェリーに乗船、少年は一人で乗船券を購入して乗ったといい、家族は「社会勉強として乗船券を買わせた。お騒がせして申し訳ありません」と話しているという。

         行方を捜していた和歌山、徳島両海上保安部が同日、発表した。それによると、少年は香川県内の小学5年生(11)。先月7日、家族5人で車で和歌山県を観光し、少年を除く全員は同日夜、和歌山港発徳島港行き南海フェリーに車で乗船。両親は少年に一人で券を買わせ、少年は一般客として乗船後、船内で家族の車に乗って下船した


        【Mr.くろぱんだのブログ内・・・おすすめバックナンバー】
          TOPページに戻る
           姉妹サイト 『Mr.くろぱんだの部屋』
           くろぱんだの運営する誕生日プレゼント売り上げランキング




        Mr.くろぱんだのブログ 平和と未来