スポンサーサイト

2018.04.02 Monday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています



    Mr.くろぱんだのブログ 平和と未来

    民主党の「護憲派」に聞きたい

    2007.06.30 Saturday

    0
      私は、選挙で大切なことは、政策や見解が違ってもをつかないこと、筋を通すことだと思う。

      私は、憲法9条を守る、護憲派である。
      だが、私が今日、言いたいのは護憲と改憲どっちがよいのかではない。

      きたるべき参議院選挙にあたって、民主党「ニセ護憲派」ともいうべき候補者が乱立しており、その道義的責任、問題を指摘したい。

      有権者が最も関心があるのは、国会で憲法改定案が採決されるとき、個々の議員が賛成するのか反対するのかである。

      民主党の参議院予定候補のチラシ、ホームページでは「憲法9条を守る」と書いてある候補が多数いる。リベラルの会という護憲派もあるらしい。

      その人たちに聞きたい。

      いざ、採決になったとき、民主党指導部の憲法改悪賛成の指示、党議拘束に反して反対をつらぬく覚悟があるのですか。
      それがないなら、無責任に有権者の選択を誤らせるような護憲の看板をださないでほしい。覚悟があるなら、その勇気をたたえたいと思う。


      私が忘れられないのは、有事法制(戦争準備法案)をめぐる民主党内の護憲派議員の裏切りである。

      2002年6月16日、歴史的な超党派の「有事法制に反対する集会」がおこなわれた。
      近年最高の党派をこえた参加者6万人の集会であった。
      この集会には、社民党、日本共産党の国会議員とともに、民主党の議員も参加した。
      社民・共産両党は政党としての正式参加であり、党として有事法制賛成の民主党は、一部議員の党方針に反対する有志グループとしての参加だった。

      私は、あの明治公園での民主党の発言を鮮明に覚えている。
      「私は民主党の良識派を代表して・・・」と切り出し、社民・共産両党にひけをとらない気迫をこめて有事法制反対、戦争協力反対を訴えをした。

      あの時、私は感動した。
      民主党の中にも少数でも立派な平和の担い手がいるということに。
      腐敗する二大政党制の中に希望をみた気がした。

      ところが、翌年の有事法制の国会採決の時、一年前は有事法制反対の集会に社民・共産両党とならんで姿をみせていた民主党国会議員有志が集会に参加しなくなり、多くはこれまでの反対の態度を撤回して国会で賛成票まで投じたのである。


      民主党に失望した。裏切られたと思う瞬間だった。確か「政権をとるために、がまんしてくれ」と言われ、苦渋の選択だったと言い訳していた議員がテレビにでていた記憶がある。


      今回の憲法9条をめぐる問題でも、同じことはおきないだろうか。
      重要法案には、各政党は党議拘束をかける。
      党議拘束とは、個人の意見・立場はぬきに民主党であれば民主党として全員が賛成しろ、反対しろという命令である。これに背けば、党内の役職をはずされるなど党ごとに処分がある。

      憲法改定案が国会で審議された時、必ず民主党は「改憲賛成」の党議拘束をかける。民主党は改憲政党であり、条件付で海外での自衛隊の武力行使、日本の参戦を是としている。

      もし、参議院選挙にあたり、民主党の公認をもらいながら「憲法9条を守る」とかかげるならば、党議拘束に逆らってもその信念を貫くことが有権者に対する責任である。

      そして、党議拘束に反対して護憲派をつらぬくことはハードルの高いことだろう。
      多くの議員が「護憲」を看板に当選して、いざ改定案採決の時には党上層部(民主党は改憲派が多数なので圧力は強い)に逆らえず、有事法制の時のように、立場を変え、裏切る候補者が続出することが容易に想像できる。

      民主党の候補者の顔ぶれをみると、自分のタカ派・右翼的政策を隠し無党派を集めるために護憲をかかげているとしか思えない候補者も少なくない。

      選挙目当ての「にわか護憲派」、当選後に転身する候補者は、絶対にお断りである。

      政策が違うのは民主主義社会において、しかたがない。
      だが、間接民主主義(公約を信じて代表を選ぶ民主主義)において、嘘や無責任な公約許されない問題である。

      参議院選挙の任期は6年。
      自民党は2011年に国会で新憲法の採決を予定している。
      今回選ばれた参議院議員が、憲法改定の是非を討議・採決する可能性が濃厚である。

      個人的には「護憲」だけど、いざ採決になったら党の方針だからと「改憲賛成」では、選んだ有権者はたまらない。有事法制のときの変わり身のはやさを教訓に、過去に何があったか忘れずに投票先をきめることが大切だろう。


      【Mr.くろぱんだのブログ内・・・おすすめバックナンバー】
      選挙協力についての私の考え
      ベネズエラ革命―ウーゴ・チャベス大統領の戦い
      ソマリア問題と、アメリカの責任
      国民新党はどこへ行くのか?
      タダで取得できる二種免許


        TOPページに戻る
        

      STORE-MIX


      Mr.くろぱんだのブログ 平和と未来

      スポンサーサイト

      2018.04.02 Monday

      0


        Mr.くろぱんだのブログ 平和と未来
        コメント
        こんにちはsdpj_2007です。私も本日のエントリーの内容に全面的に同意します。民主党の護憲派を認定し、彼らへの投票を呼びかける護憲運動は安易でかる危険に感じています。
        やはり護憲をきちんと訴える会派、政党を育て、大きくするしかないと思い、今回私は社民党の応援を続けています。
        今後ともよろしくお願いします。
        はじめまして。まったく同感です。
        政治家は、投票者の代表〜国民の代表であって、
        所属政党の組織員(サラリーマン)ではないと思うのです。
        政党が良識を排除するようなものであれば、無くなってしまえば良い、というふうに思います。
        何時ぞやは、TBをありがとうございました。
        まことに勝手ながら、こちらの、記事URLを、私のブログに掲載させて頂きました。
        また、マイリンク欄にも貴ブログURLを貼らせて頂きますが、よろしくお願いします。
        • by una
        • 2007/07/02 3:19 PM
        民主党には小沢のような憲法改正論者と旧社会党から来た左翼系議員の憲法改正反対論者が混在している。党としてまとまっていない。左翼系議員の特徴は国益を考えないことである。
        • by 関内
        • 2007/08/03 6:22 AM
        コメントする
        トラックバック
        この記事のトラックバックURL