親の借金、自分が背負わなければいけないの?

2007.09.09 Sunday

0
    人は、自分が生まれてくる場所を選べない。

    経済力のある家庭で育つ人も、そうでない人もいる。

    親が亡くなったときに、遺産を受け取れる人もいれば、借金が残る場合もある。

    もし、自分の親が借金をしていたら、
    何の罪もない自分が、親の借金、自分が背負わなければいけないの?


    決して、そんなことはない。

    何もしないと、自動的に自分や残された家族が借金を相続し、親の借金を払う義務を負ってしまう。「相続」すると自分と関係のない親の借金も返済義務が生じる。親が連帯保証人になっている契約も、ひきつぎ責任を負うことになる。

    ⊃討死亡してから(相続を知ってから)3ヶ月以内家庭裁判所
    「相続放棄」
    を申請すれば、財産(現金、土地、株式など全て)は、まったく受け継げないが、同時に借金についても親に成り代わって返済する義務が免除される。

    ※この他「限定承認」という制度もあるが複雑で税制面での問題もあるのでここでは紹介しない。

    自分の努力や責任とは無関係の親の残した借金によって生活がこわされたり、なかには風俗で性を売るはめになる女性も少なくない。

    だが、この遺産の「相続放棄」を家庭裁判所に3ヶ月以内に申請すれば、そうした悲劇から逃れられるのである。

    「相続放棄」の留意点

    /柔全間が三ヶ月以内と短い

    ◆崛蠡格棄」をすると資産も借金も両方うけつげない。親名義の家や車はなくなる。

    F本の遺産相続制度では、1人が放棄すると資産も借金も他の家族に分配される仕組みである。したがって資産より借金が多い場合、相続対象の家族全員で申請しないと、申請しなかった他の家族の借金が増える。

    申請の方法
    申請は自分でもできますが、弁護士や司法書士に相談する方法もあります。
    専門家に頼むと、相談が30分5000円、手続きに数万円かかります。

    自分で申請すれば安くできます。家族1人ひとり申請します。

    届出先:被相続人(亡くなった人)の死亡当時の住所地を管轄する家庭裁判所。

    必要物:相続放棄申述書(裁判所で入手)
        除籍謄本(亡くなった人の本籍地で取得)
        戸籍謄本(放棄を希望する人のもの)
        印鑑(放棄を希望する人のもの、実印でなくても可)
        収入印紙

    届出:相続開始(亡くなったこと)を知った日から3ケ月以内

    借金相談【全国365日・無料】承ります:借金してても委員会


    【有料離婚相談】離婚相談所 離婚サポート委員会



    【Mr.くろぱんだのブログ内・・・おすすめバックナンバー】
    最新技術を使って、それそれ有害なタバコやめませんか
    与党が全議席独占、野党は0議席の国
    人間として最低なこと
    ドイツで新党「左翼」の結成



      TOPページに戻る
       姉妹サイト 『Mr.くろぱんだの部屋』
       くろぱんだの運営する『ストアミクス』(売り上げランキング
    APCクリーム 60g【アトピーケア】APCクリーム 60g
    2,500円
    若干のベタツキ感はありますが引っ掻き傷のあるお肌もしっかり保護する油性クリームで...

    Ads by STMX
     ↑乾燥の激しいアトピー肌のためのクリーム【新発売】




    Mr.くろぱんだのブログ 平和と未来
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL